自費出版の新たな形としての電子書籍

###Site Name###

自費出版というとハードカバーの形態で、個人の研究成果や論文、あるいは自分の履歴などを克明に記録していく出版物を思い起こすことになります。


自費出版は実際には100部もあれば沢山なのに印刷物の経済効率から1000部や2000部といった部数を印刷し、書斎に積み上げるだけで大変で、親戚から知人まで配りまくるという、実際に自費出版を行った親戚の人間のことを思い起こさせますが、最近ではまったくお金をかけずに実現できるのが、電子書籍なのです。

しかも、価格をつけて売ることができますから、うまくすれば販売した分についてのロイヤルティさえ取得できるものが無償で実現することができるようになっているのです。

これも広義の意味での自費出版にあたるわけで、実は大変出版がしやすくなっているのです。

たしかに混み入ったレイアウトのものは簡単に作ることはできませんが、ほとんど文字で構成されていて、間にグラフや写真などをちりばめた程度のものならば、パソコンでこうした電子書籍サービスが指定するフォーマットに原稿を打ち込み、校正をした上でアップロードすることができれば、ものの一週間程度でも電子書籍として発売することができるのです。
内容の承認申請は本当に3日程度で可否がはっきりしますので、内容に決定的な問題がなく、しかも著作権侵害にあたるような行為がなければ、ほとんどの書籍の発売が認められます。

しかも、表紙などに利用する写真なども著作権フリー素材から選択してくれば、かなりレベルの高い書籍が簡単に出来上がるのです。

文字のサイズは実際に読まれるスマートフォンやタブレットにあわせて自在に調整することができますので、基本のフォーマットだけ守って作ってあげれば、本当に簡単に出版することができますし、改訂版を出して追加していくといった新しい技をつかうこともできるのです。

自費出版で数百万をかけてハードカバーの書籍を作ったのとは隔世の感がありますが、やり気さえあれば何冊でも自費出版できる時代がやってきたのです。

http://www.hokuriku-dhk.or.jp/contents/office/toyama_uodu
https://twitter.com/_biyou_seikei
http://allabout.co.jp/gm/gc/303151/

地番検索に有効なサイトの紹介です。

引きこもりの脱出サイトで情報を入手してみて下さい。

このサイトで口コミや評判に関する情報を提供中です。

社員研修のサイトが登場しました。

オフィスレイアウトのデザインに有効なサイトです。