インターネット時代ののれん発注

###Site Name###

のれんとは漢字で暖簾と書き、商店や飲食店の軒先に吊るす布のことです。

その漢字が意味するように、のれんは本来外の風が店内に直接吹き込むのを防ぐ防寒用として設置されたのが始まりです。しかし、のれんの歴史は古く本来の用途以外の目的も併せ持つようになっています。


例えば、外から店内を見えにくくするための目隠しとしての用途や、その布に屋号や家紋を染め抜いたり扱っている商品名を染め抜くなど看板としての目的も持ちます。


居酒屋では布ではなく荒縄製ののれんを掲げることが慣習化しており、その場合も居酒屋であることを示す看板を兼ねているといえます。さらに、のれんは営業開始時に店先に掲げられ営業終了時に片付けられることから営業中であることを示す役割も果たしています。

商店や飲食店にとってのれんはまさに店の顔であるといえます。

新たに起業して商店や飲食店を開業する場合、自分の店舗ののれんをどうやって手に入れたらよいかはわかりにくいことであります。


普通に会社員をしていると一般家庭用の台所とダイニングを仕切るのれんを購入する機会はありますが、業務用のものは縁がなく、どうやって発注すればいいのかわかりません。

殆どのケースでは同じ商店街や商工会に属する知り合いの経営者等に聞いて業者を紹介して頂くのが普通です。

しかし、インターネットの普及により業務用のれんの発注もネットを使うことで簡単になっています。
このことは特に地方でお店を構える経営者にとって大きなメリットがあります。

従来ではその地方の業者という限られた範囲で発注していたものを、全国の業者から自分の目的や予算にあったものを選択できるようになります。予算に限りがある場合は汎用品を選択できますし、他店との違いを出したいのであればデザインや素材のオーダーメイド発注も可能です。その場合もPCソフトのファイルでデザイン入稿が可能であるなど手軽で手間がかからないように工夫されています。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1354608358
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E5%90%8D%E5%88%BA%2C%E4%BC%9A%E7%A4%BE
http://www.syokumikanteisi.gr.jp/nyusyoumairisuto.htm

登記情報を利用してみる価値はありますよ。





重機レンタルの人気を今すぐチェックしよう。

神奈川のシロアリについての意見を伺いました。